top of page
検索
  • 執筆者の写真Tetsuki Nakakura

マンハッタンの建築史200年に学ぶ建築と公衆衛生



1811年のコミッショナーズプラン以降、激動の200年の中で、住環境改善のための建築的な試行錯誤や、都市計画の在り方についての様々な議論が凝縮された、マンハッタンの建築史について、コラム的に解説しています。


afterコロナ、withコロナの新しい建築様式や都市計画を考える上でも示唆に富む内容だと思いますので、ぜひご覧ください。

閲覧数:81回0件のコメント

Comments


bottom of page